新にんにくのコンフィ

新にんにくのコンフィ

新にんにくとは、
年中手に入る乾燥させたものではなくて、
旬の時期の2週間ほどだけしか
市場に出回らないという
フレッシュでみずみずしいにんにくです。

産地によって旬の時期がかわりますが、
おおよそ5月後半から7月初旬です。

この旬のパワーがいっぱいつまった新にんにくを、
4年前のマーケットで販売したところ、
毎年お客様からのリクエストをいただいているので、
日ごろのご愛顧に感謝して、
材料費のみご負担いただいて、
お譲りさせていただいております。
(5月から7月、新にんにくが入手できたときに仕込み、ブログにてご案内させていただきます)

新にんにくのコンフィの作り方

【原材料】
新にんにく
オリーブオイル
岩塩
粒胡椒
ローズマリー
タイム

【作り方】
とってもシンプルです。
材料を全て入れて、90度を保ちながら2~3時間コンフィします。

出来上がり目安は、
にんにくの実の部分をつまんで、
すぐにふにゃんと柔らかくなったら完成です。

【保存】
オイルに浸したままで、おおよそ3ヶ月ほどもちます。
冷蔵庫での保存がベストです。
良質なオイルなので、温度が低くなると固まりますが、扱いやすくなるので逆に助かってます。

新にんにくのコンフィをパンにのせてみました

新にんにくのコンフィの美味しいお召し上がり方

【活用方法】
にんにくの実は、驚くほどとろとろになっているので、
軽くトーストしたパンにバターと、新にんにくコンフィをのせて食べる
ガーリックトーストは、ワインが止まりませんー(o^-^o)

にんにくの実の部分は、お肉や魚とも相性が良いので、
そのままテーブルに出して、好きな分だけのせて食べる食卓も素敵です♪

漬けたオイルは、調味オイルとして万能です!
これで作ったガーリック炒飯は、絶品!です!
夏野菜のラタティユや、カポナータも、香りが足されてグレードがあがります★

とっておきのレシピは、
数粒の新にんにくの実と、オイルをボウルに入れて、
一口サイズに切ったトマト、ちぎったバジル、
これまた手でちぎったモッツァレラチーズに
冷水で冷たくしたパスタをあえます。

このとき、パスタを軽くにぎれるように、
手でしっかりあえたほうが、味がなじむと思います。

アボカドを入れてもGOODだし、
夏バテ予防に、ぜひご家庭でも作ってみてくださいね(〃∇〃)

サブコンテンツ

季節によってご提供するカレーが変わります

3月から11月末まではフレッシュハーブカレー


【3月から11月末まで】
バジル、コリアンダー、レモングラスなど、フレッシュなハーブを大量に使ってカレーにしました。生姜や豆乳がアクセント!他では味わえないオリジナルカレーとなっています!生ハーブが原料になっていますので、冬の期間はメニューが変わります。

12月から2月までは季節のカレー


【12月から2月末まで】
フレッシュハーブが採れない冬の期間はレモンジンジャーカレーや黒薬膳カレー、オリジナル和風生パスタなど、隠れファンの多いメニューをご提供しています。ブログなどでご案内しておりますので、ご確認ください。

このページの先頭へ