フレッシュハーブカレー

フレッシュハーブカレー

【4月~9月末までご提供させていただいております】
旬の食材を食べることが、最大の食養生です。フレッシュハーブは、春はとても柔らかく、夏に向って香りがどんどん強くなります。その時期の自然の恵みをそのまま、香り高いフレッシュなカレーにしました。大量のハーブと香味野菜を丁寧にペーストにし、鶏がらスープと豆乳でまろやかに仕上げたスープカレーです。今、ここでしか味わうことのできない、自然の優しさを、お腹の満足と共にご賞味ください!


フレッシュハーブがたっぷりカレー

フレッシュハーブをミキサーにかけ、丁寧に水分を飛ばして作るカレーペーストは、当店オリジナル!生姜もたっぷりのピリ辛ペーストを、コラーゲンたっぷりの鶏がらスープと豆乳で和風に仕上げております。具はヘルシーな鶏胸肉のから揚げとシンプルですが、スープに栄養はぎっしり。季節によっては一食でかなりの汗をかくことも。

ターメリックライス

粉末ウコンで炊き上げるターメリックライス。これにフライドオニオンとカイワレを添えてお出しいたします。付け合せは、豆腐のエキストラバージンオリーブオイル&地中海の塩を振りかけたとってもシンプルな洋風冷奴。お口直しに召し上がりください。

フレッシュハーブを驚くほどたくさん使ってます!

春、夏に食べたいハーブの効能

バジル:免疫力を高める、抗酸化作用、消化促進、滋養強壮、抗菌、他
レモングラス:インドでは数千年前から、感染症や熱病に効く薬草として利用されてきました。消化促進、他
コリアンダー:食中毒や二日酔いの予防、健胃作用、食欲増進、整腸作用、他
ターメリック(うこん):抗酸化作用・肝臓機能強化、老化防止、健胃、他

香味野菜、玉葱などをクラッシュし、丁寧に水分を飛ばしてペーストを作成します。
春は沖縄、夏の終わりにかけては、高地にあるハーブ園や、静岡、東北の方にお願いして材料をそろえます。

薬膳では生姜は万能薬です。

一食に約小さじ一杯ほどの生姜が含まれているので、初夏ぐらいから、一食食べた後に、汗でびっしょり、といったお客様をよくみます。

内側からぽかぽかするのは、エネルギーの証。しっかり食べて、デトックス&リフレッシュを是非楽しんでいただけたらと思います。

生姜効能:冷えの改善、健胃、エネルギー代謝の促進、抗酸化、他にも書ききれないほどの効能があると言われています。マクロビのお客様からいただいたお話は、こちらのカレーで提供しています鶏肉の消化を助けることと、脂肪の燃焼を助けてくれるということで、とてもよい組み合わせなんだそうです。

渡り鳥のスタミナを研究した結果

渡り鳥は休憩せずにあの大きな海を数週間羽ばたき続けるほどのスタミナがある、その不思議を研究した結果、翼のつけね、つまり胸筋にイミダペプチドというアミノ酸が多く含まれていることが発見されました。これはスタミナの元でもあり、胸筋に含まれていることがわかったそうです。

胸肉を一定量食べることによって、スタミナが得られる、そんなことからハーブカレーには胸肉をチョイスしています。具はシンプルですが、飲むお野菜でもあるハーブカレーと共に、パワフルな鶏肉をお召し上がりください。
.

サブコンテンツ

季節によってご提供するカレーが変わります

3月から11月末まではフレッシュハーブカレー


【3月から11月末まで】
バジル、コリアンダー、レモングラスなど、フレッシュなハーブを大量に使ってカレーにしました。生姜や豆乳がアクセント!他では味わえないオリジナルカレーとなっています!生ハーブが原料になっていますので、冬の期間はメニューが変わります。

12月から2月までは季節のカレー


【12月から2月末まで】
フレッシュハーブが採れない冬の期間はレモンジンジャーカレーや黒薬膳カレー、オリジナル和風生パスタなど、隠れファンの多いメニューをご提供しています。ブログなどでご案内しておりますので、ご確認ください。

このページの先頭へ